サイトマップ

HOME » 自分で出来る!正しいイボの治し方ガイド » ぽっつるん

ぽっつるん

このページでは、自分でできるイボ処置として角質クリーム・ジェル・美容液での対策を紹介します。そのうち、「ぽっつるん」についてみていきましょう。

保湿成分が角質粒に作用する・ぽっつるん

ぽっつるんは、ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)とリピジュア(ポリクオタニウム-51 )という、2つの保湿成分を配合したクリーム。

ともに、保湿効果が高いことで知られる成分です。

お肌にぽっつるんをぬることで、これらの成分が角質に浸透。角質粒を包み込んでやわらかくし、新陳代謝で少しずつ消えていくのをサポートしてくれます。

年齢を重ねるとともに、目もと、首もと、胸もと、手の甲などにできてしまう角質粒や脂漏性角化症など、イヤなところのできものに対して力を発揮してくれるはずです。

それもそのはず、ぽっつるんはメーカーと皮膚科医師とが共同開発したケア商品。

ビタミンC誘導体(ジパルミチン酸アスコルビル)やヒアルロン酸も配合されていて、美肌作用も十分にあります。

また、肌の表面にぬることでバリアを形成し、イボウイルスなどが侵入してこないようにガードをしてくれるはたらきも期待できるでしょう。

ぽっつるんの口コミ

口コミ「使った見たところ、即効性は感じられませんでした。使い続けると徐々に効果がえられるようなので、もう少しがんばってみます」
口コミ「いま使いはじめて1か月たったところです。効果はというと、顔のブツブツが小さくなってきたし、何個かは3日でとれてビックリでした」
口コミ「香りはかすかにする程度。気にはなりません。ジェル状だけどわりとスーっとぬることができます」
口コミ「目にあった2mm角くらいのイボが嫌だったけど、これをぬったら2か月くらいで小さくなってぽろりととれました」
口コミ「2週間くらい使っているうちに、首まわりのポツポツが小さくなってきたのが手触りでわかった。イヤなニオイもないので外出時にも使える」

しかし、市販薬がすべてのイボを治すわけではありません。老人性やウイルス性、顔なのか足裏なのかなど、そのイボの特徴に最適な処置をしていくことが大切。ぽっつるんとあわせて、ほかの治し方についてもチェックしてみてください。

市販薬以外のイボの治し方をチェック>>

【ぽっつるんの商品情報】