サイトマップ

HOME » 自分で出来る!正しいイボの治し方ガイド » 市販薬

市販薬

自分でできる正しいイボ治療ガイドとして、まずはおすすめの市販薬について紹介してきます。

イボ治療市販薬のかしこい選び方とは

イボの市販薬市販薬のイボ治療薬のかしこい選び方。

それは、「効果のあるイボを知る」「口コミのチェック」、この2点に集約することができます。

「これだ」と思ってせっかく薬を買ってきても、自分のイボにはあまり効果のないものなら意味がありません。

「買ってみたけど効かない」「値段のわりに効果がなかった」というのは、たいていこういうケース。イボの種類によって、効く薬とそうでない薬があるんです。

ですから、自分のイボがどういったタイプのイボなのかを知ることが、市販薬選びで失敗しない第一歩といえるでしょう。

また、同じようなイボのお悩みをもつ人の口コミも要チェック。

その人の経験に自分を置き換えてみると、その薬が効くのか効かないのか、おおよその判断がつきます。

ほとんどのイボ治療の市販薬には口コミが投稿されているので、そちらのチェックもおヌカリなく。

正しい市販薬選びが必要なわけ

ドラッグッストアや薬局をのぞいてみると、いろいろなイボ治療の市販薬がおいてあります。

品ぞろえが豊富なお店だと、「どれを選んでいいのかわからない」という悩みに直面したとこはないでしょうか?

しかし、ここで「どれでもいいや」と開き直るのはもちろん、「パッケージのイメージで」「効きそうなネーミングだから」という理由で選んでしまうのもNGです。

イボの種類によって、適した治療薬も違ってきます。

たとえば、老人性イボならヨクイニン系のものでも効果は◎ですが、ウイルス性のイボだと○、もしくは△。

ウイルス性のイボを的確に治したいのであれば、サリチル酸や乳酸系の薬剤のほうがより効果的に治療することができます。

反対に、老人性のイボに対して強力なサリチル酸系の市販薬を使うと、人によっては正常な肌にダメージを与えてしまうリスクも。

ヨクイニン系は角質からケアしていくタイプなので時間がかかるものの、肌への負担どころか美肌作用も期待できる市販薬。

このように、まったく性格の異なる薬を使うことは決してかしこい選び方だとはいえません。

いー坊としても、間違った選び方はおすすめできないので、正しい選び方をしてくださいね。

それから、市販薬でも薬ですから、どうしても体質的にあわない人もいます。また、危険性は低いとはいえなかには副作用があるものも。

とくに、ぬり薬などは肌質によっては使わないほうがいい場合もあるでしょう。

そうした心配のある人は、ほかにも病院での治療など効果的なイボの治療法はあるので、そちらをチェックしてみるのもいいですよ。

病院でのイボ治療・イボ除去ガイドをチェック>>

ここで紹介しているおすすめ市販薬

品名 価格 おもな特徴
イボコロリ 1,296円 イボ治療薬のなかでも、とくに知られている市販薬。薬液タイプと絆創膏タイプがある。どちらのタイプも、サリチル酸の角質軟化溶解作用で角質を剥離してイボを除去する。横山製薬。
強力イボチョン 667円 創業・安政時代という老舗製薬メーカーのイボ治療薬。サリチル酸とともに、乳酸が角質を腐食させることでやわらかくし、イボにアプローチ。局所麻酔作用のあるジブカイン塩酸塩配合で、痛み止め作用も。福地製薬。
ヨクイニン錠 3,000円 1日あたりの服用目安容量のなかに、1,500mgのヨクイニンエキスを配合。タンパク質、カルシウム、カリウム、ナイアシン、鉄、ビタミンB群なども豊富で、美肌効果も期待。クラシエ製薬。
ヨクイニンS 5,900円 上質ハトムギの種子から抽出したヨクイニンエキスが主成分。ヨクイニンの質の高さから、皮膚科の医師もよく処方する薬。水毒体質改善や清熱排膿をうながす作用も。小太郎漢方製薬。
ハトムギ粒100% 1,800円 青汁でも定評のある製薬メーカーのイボ治療薬。タンパク質やカルシウム、カリウム、ビタミンB2なども多く配合され、イボに負けない、かつキレイな肌質へ改善できる。山本漢方製薬。

市販薬?杏仁オイル?

ここまでイボの市販薬について見てきましたが、読者のみなさんのなかには「イボには杏仁オイルもいいって聞いたけど、市販薬とどっちがいいの?」と、思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いー坊にいわせると、「本当のところ…どちらもいい」と思います。
というのも、市販薬にも杏仁オイルにもそれぞれ違った特徴があるので、症状や目的にあわせて選ぶことが大切。
たとえば、目元にツブ状の小さなイボができたとしましょう。そんなときにおすすなのは杏仁オイルのほうです。
同様に、首や胸、お腹にできたイボ、老人性のイボにも杏仁オイルが効果を発揮してくれます。
なぜかというと、杏仁オイルは天然成分であるためお肌にやさしい、という点があげられます。

杏仁オイルのなかには高い保湿作用、細胞活性化作用、抗酸化作用、抗炎症作用などのある脂肪酸がふくまれているので、皮膚をケアしながらイボをやわらかくし、お肌にダメージを与えることなく取り除くことができるのです。

アンチエイジング作用一式をそろえた成分ですので、とくに老人性イボには効果てき面。アンズの種子を原料に、低温圧搾で抽出したオイルですから肌が弱い人でも刺激なく使用できるのも強みでしょう。
市販薬には化学物質が含まれているため、お肌にはやさしいとはいえません。刺激が強すぎるため顔などへの使用は厳禁としている市販薬もあり、注意が必要です。
ですから、こうした気になる部分、デリケートな部分のイボには杏仁オイルのほうに軍配があがります。
言ってしまえば、「肌を若返らせながらイボをとることができる」ことが杏仁オイルならではの特徴なのです。
反対に、からだのなかでも目立たないところ、皮膚の強いところなどのイボには、市販薬のなかでも強力な薬剤を配合した薬で除去してしまうといいでしょう。
また、市販薬のなかには成分が弱く、あまりイボ除去作用の期待できないものもありますので、購入の際には有効成分についてもしっかり確認しておくことをおすすめします。