サイトマップ

HOME » 自分で出来る!正しいイボの治し方ガイド » イボコロリ

イボコロリ

ここではおすすめ市販薬のなかでも、イボ治療で定評のある「イボコロリ」について紹介していきます。

定番の角質剥離剤・イボコロリ

「市販のイボ治療薬といえばイボコロリ」という人も多いほど、イボ界ではメジャーなイボコロリ。

イボに貼って治す絆創膏タイプと、薬剤を患部にぬって治す液体タイプがあります。

最近は、ぬるだけなので治療中も目立たない液体タイプが人気。

どちらのタイプも、サリチル酸の角質軟化溶解作用で角質を剥離するという原理は同じなので、好みによって使うといいでしょう。

硬化して分厚くなった皮ふをサリチル酸でやわらかくすることで、イボやタコ、魚の目を取り除いてくれます。

液体タイプも使用法は簡単で、キャップ付属の棒を使ってイボにぬるだけ。皮ふやわらかくなる、お風呂あがりなどが効果的です。

薬液はすぐに乾いて膜をつくるため、有効成分が蒸発せずに皮膚の奥まで浸透していきます。次にぬるときは重ねぬりせず、膜を剥がしてからぬること。

そうしないと、せっかくの有効成分が膜に行く手を阻まれてしまうので、要注意です。

だいたい3~4日くらいで、イボが白っぽくなって軟化してきます。

剥がれはじめたらピンセットなどを使って、無理のない範囲で少しずつ取り除いていきましょう。あとは、イボが消滅するまでこれを繰り返していけばOKです。

イボコロリの口コミ

口コミ「毎日続けていたら、大きなイボもだんだん小さくなって、最後にはなくなった!あっけなく取れたものだから、思わず笑っちゃいました」
口コミ「治りにくい足裏のイボに使ってみたら、ちゃんと消えた。ホクロにも効果があるみたいなので、いま試してみています♪」
口コミ「3日いくらい使っていたら、イボがとれちゃいました。すごい!ぬって治すだけなので、もちろん痛みもありません」
口コミ「足の親指にイボができてしまいました。イボコロリを朝晩2回つけていたら、1週間くらいで効果がではじめました。このまま取れますように!」
口コミ「わりと大きめのイボに使いました。やはり数週間くらいかっかったものの、ある日ポロっととれました。気持ちよくとれたので、またできたら使いたいです」

イボコロリなどの市販薬以外にも、イボを治す方法はいろいろあります。市販薬は体質にあわないこともあるので、病院での治療方法についてもチェックしてみてはいかがでしょうか。

市販薬以外のイボの治し方をチェック>>

【イボコロリの商品情報】