サイトマップ

HOME » 自分で出来る!正しいイボの治し方ガイド » 強力イボチョン

強力イボチョン

このページでは、イボに効果があると評判の市販薬のうち、福地製薬の「強力イボチョン」についてみていきましょう。

乳酸が角質を腐食させる・強力イボチョン

創業・安政年間(1854~1860)という、有数の老舗製薬メーカー・福地製薬。滋賀県日野町のめぐまれた環境のなかで、医薬品各種を製造しています。

そんな福地製薬のイボ・うおのめ薬が、強力イボチョン。

「強力」とみずから名乗るだけあって、その効果は口コミでも評判となっています。

その強力な対イボ能力の源となっているのが、サリチル酸と乳酸という2つの成分です。

サリチル酸がもつのが、角質を軟化させる作用。乳酸がもつのが、角質を腐食させて軟化させるはたらき。

つまり、イボなどの角質化した皮ふを腐食させながらやわらくするため、ヨクイニンをメインとした一般的な市販薬よりも強力なパワーをもっているというわけ。

また、局所麻酔作用のあるジブカイン塩酸塩も配合しており、うおのめの痛み緩和にも効果があります。

ただし、強力なぶん、患部以外の皮ふが弱いところなどに薬剤がついてしまうと、ヒリヒリすることも。

薬をつけるさいは、付属されている綿棒などで丁寧にぬるようにしましょう。

強力イボチョンの口コミ

口コミ「足裏のイボに使いはじめて2~3日でイボが白っぽく軟化。やわらかくなったぶん、体重がかかると多少痛みが…」
口コミ「アルコールっぽいというか、シンナーっぽいというか、この独特のニオイは苦手な人もいそう」
口コミ「付属の棒でチョンチョンとイボにつけてたら、1週間くらいだったかな?ちゃんととれましたよ」
口コミ「イボ以外の部分についたら、ちょっとヒリヒリ。効果が強すぎるくらい。でもイボを治すにはおすすめです」
口コミ「刺激は強めですが、そのぶん効果は確か。わたしは3週間くらいで小さいイボがなくなりました」

つけ薬の刺激が苦手という人は、市販薬以外にもイボを治す方法はいろいろとあります。まずは、病院での治療方法などもチェックしてみるといいでしょう。

市販薬以外のイボの治し方をチェック>>

【強力イボチョンの商品情報】