サイトマップ

HOME » 自分で出来る!正しいイボの治し方ガイド » 病院で治療したイボに杏仁オイル!

病院で治療したイボに杏仁オイル!

病院治療のアフターケアに杏仁オイル

イボの治療を病院でするとなると、液体窒素、もしくはレーザーによる治療となります。
どちらも一長一短があり、治療法として優劣があるわけでありませんが、共通するのはいずれも施術後のアフターケアが大切だということ。
たとえば、液体窒素療法は低温火傷によって皮膚表層ウイルスを殺すとともに、皮膚を盛り上げて下層のウイルスを表層に押し出すことになります。つまり、皮膚には相応のダメージがのこるのです。
そこで施術後のアフターケアでおすすめしたいのが、杏仁オイル。
杏仁オイルには皮膚を刺激から守るリノール酸をはじめ、水分の蒸発を防いでうるおいを保つオレイン酸、角質をやわらかくするパルミトレイン酸などの高級脂肪酸がたっぷり。
ですから、皮膚膜を保護しつつ、みずみずしいお肌にする力に秀でているんです。

イボへの効果はもちろん、お肌を柔軟にする作用も期待できるので「シワへの効果があった」「肌の保水力が同世代よりも高くなった」といった、口コミも多々みうけられることからも、杏仁オイルのケア力をうかがい知ることができるのではないでしょうか。

再発を防止しましょう

イボ治療の難しいところは治ったと思っても、また再発してしまうところ。
一見、目には見えなくなっても、皮膚の最下層にウイルスが残存していて、数日から数週間後にはまた徐々に隆起してくることも珍しくありません。
そのあたりのしつこさは、水虫と同じといっていいでしょう。
病院で治療していても、「治ったみたい」と自己判断で治療を中止してしまうのはとてもリスキー。医師に「完治しました」といわれるまで、しっかり治療を続けてください。

また、さらに重要なことは、常日ごろからしっかりスキンケアをすることです。
なかでも、保湿は比較的簡単にできますし、皮膚の保護という観点からも必須ケアといえます。
新陳代謝の低下しはじる年齢なると、保湿力も低下してきてイボのリスクは高まってくるのです。
とくに顔や首は意識、無意識にかかわらず手で触れる機会の多い場所。知らず知らず手についたイボのウイルスを、顔中に塗り手繰ることになれば、目も当てられません。杏仁オイルなどで念入りにケアすることが望ましいでしょう。