小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~

サイトマップ

小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~ » 仙台でおすすめのイボ治療クリニック5選

仙台のイボ治療ができる病院リスト

仙台でイボの治療をしたい場合、どの病院に行けば良いのでしょうか。イボの治療ができる皮膚科は多いですが、取り扱っている治療方法や料金などはさまざまです。

こちらのページでは、イボを治療する時におすすめの病院を5つピックアップしてご紹介します。

仙台でイボ治療するならここ!おすすめの病院5院

明神クリニック

イボ治療の特徴

明神クリニックのイボ治療は、治療方法が豊富に用意されていることが特徴で、医師と相談の上、好みの治療方法を選ぶことができます。保険診療、自由診療共に行なえるので、低コストの治療を受けたい方にも、より痛みが少なく、綺麗にイボを除去したいという人にもおすすめです。

治療方法は、液体窒素による冷却治療、コテを使ってイボを焼く焼灼法、薬剤の塗布、切除など。イボ治療は治療方法によって料金や治療後の手入れの仕方が変わるため、診療と治療方法の説明をした後、別日で治療を行なうようにしています。それは、明神クリニックがカウンセリングを重視しており、治療方法の特徴やリスクに納得した上で、その人にとって一番良い選択をして欲しいという配慮からです。

料金

保険適応3割負担の場合、1回あたり約750円。ウイルス性のイボの場合は、1回の治療で10個前後のイボを除去できます。できているイボの個数や治療方法によって料金は変わり、自由診療の治療方法を選んだ場合は実費です。

基本情報

おくぐち皮ふ科クリニック

イボ治療の特徴

おくぐち皮ふ科クリニックのイボ治療では、CO2エスプリットという炭酸ガスレーザーを用いて治療を行なっています。CO2エスプリットによる治療では、イボの中の色素にのみ反応するため、何もない部分の皮膚にダメージを与えることがありません。また、数が少ない場合は、切除による治療も可能です。大きめのイボであれば、局所麻酔をした上で、手術による切除が行なわれる場合もあります。

切除やレーザー治療では痛みが不安な方もいるでしょうが、おくぐち皮ふ科クリニックでは治療の前に麻酔クリームを塗布するため、痛みを感じる可能性は低いでしょう。治療方法の選択肢は多くありませんが、レーザー治療を主として行なっているため、広範囲にできた小さなイボの治療におすすめです。

料金

レーザースポット治療で、1回1mmまでの大きさで1,000円です。保険適応の場合と保険適応外の場合があるとのことなので、医師に診察をしてもらった上で相談してください。

基本情報

こまつ皮膚科クリニック北仙台

イボ治療の特徴

こまつ皮膚科クリニック北仙台のイボ治療は、一般皮膚科の受付であれば、液体窒素による凍結治療を行ないます。美容皮膚科での治療を希望する場合は、CO2エスプリットという炭酸ガスレーザーを照射する方法が選択可能です。美容皮膚科は一般皮膚科と分けられており、専用の治療室が用意されているため、イボ治療を受けているところを人に見られたくないという方に向いています。

院長はさまざまな経験を持つ方で、大学病院に勤務していた時は、手術・腫瘍専門チームに在籍していたこともあるそうです。そのため、かなり大きなイボであっても、手術による治療も可能だと考えられます。また、自院で難しい症例であれば、総合病院や大学病院に紹介してもらうことも可能です。

料金

1ヶ所5mmまでの大きさのイボで5,000円、1ヶ所10mmまでのイボで10,000円です。それ以上の大きさのイボであれば、5mm単位で5,000円ずつ追加料金が発生します。

基本情報

ソララクリニック

イボ治療の特徴

ソララクリニックのイボ治療では、エルビウムヤグレーザーと高周波ニードルを使って行なわれます。イボ治療では炭酸ガスレーザーが使用されることが多いですが、エルビウムヤグレーザーは、炭酸ガスレーザーよりも安全性が高く、治療後の回復が早いことが特徴です。イボ以外の部分に与えられるダメージが非常に少ないため、治療跡の治りが早く、色素沈着や赤みが残る可能性が低くなります。

また、エルビウムヤグレーザーで治療を行なった後は、「創傷被覆材」を貼ってもらうことができます。創傷被覆材は、ガーゼや包帯などの一般的な保護材とは違い、傷の治りを早くするための環境を作り出してくれるものです。

料金

1ヶ所2mm以下で5,000円、4mm以下で10,000円、10mm以下で20,000円です。10mm以上の大きさの場合は、診療時に料金が決まります。また、10mm以下のイボ用に「イボ取りまとめてプラン」もあり、顔や首、手背など、決められた範囲だけ治療を行なう場合の料金設定も選択可能です。

基本情報

あすと長町 皮ふ科クリニック

イボ治療の特徴

あすと長町 皮ふ科クリニックのイボ治療については、公式サイトに詳しい説明がありません。ただし、イボの治療は皮膚外科治療での治療となっているため、液体窒素による凍結治療、ハサミやメスによる切除などが可能だと考えられ、クリニック内での手術にも対応しています。

院長はもともと、東北地方の病院で科長を長く務められていましたが、その際には皮膚腫瘍ややけどの手術にも携わっていたとのことなので、イボ切除の手術をお任せしても安心感があります。インターネットからの受診予約も可能なので、少ない待ち時間で、スムーズにイボ治療が進められるでしょう。

料金

料金についての記載はありませんでしたが、土曜日に診療を受けた場合は、「夜間・早朝等加算」が3割負担の場合で150円追加されます。

基本情報