小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~

サイトマップ

小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~ » いー坊がお答え!イボについてなんでもQ&A » ダクトテープでイボ処理ができるって本当?

ダクトテープでイボ処理ができるって本当?

ウイルス性のイボは、年齢性別問わずできる可能性があり、治りにくいだけではなく治療法も確立されていないためいない症状です。場所にもよりますが、女性の場合は男性と比較して神経質になってしまい、人目も気になり精神面でも悪影響を与えます。民間療法の1つとして、ウイルス性のイボを治すためにダクトテープを使用する方法が巷ではまことしやかにささやかれています。なぜウイルス性のイボをダクトテープで処理できるのか?どうやって処理するのか?具体的な方法についても紹介します。

ウイルス性のイボはダクトテープで処理できるって本当?

ウイルス性のイボの特徴は水いぼと異なり、イボに黒い模様ができます。 黒い斑点は毛細血管が露出している状態であり、基本的に慢性的な痛みがありません。 痛みがないことによって、見落としてしまう場合がありますが、一般的に2~3年で自然治癒するケースが多いそうです。

ただし、生活をしているなかで、入浴や衣服などがイボに触れることにより雑菌が広がり、他人にうつしてしまうケースも少なくありません。イボができた場合、ウイルス性か水イボかを判断できないのであれば、病院で診察を受けた方が良いでしょう。

ダクトテープでイボを処理する方法

ダクトテープでイボを処理する際、まずお風呂場でしっかりと患部を洗います。強くこすると悪化するため、優しく洗うことが重要です。しっかりと洗った後は、水と消毒液で患部を拭いたうえでよく乾かします。

次に、イボの大きさよりひとまわり大きな形にカットしたダクトテープを貼りましょう。テープの上からは、さらに大きくカットしたテープを貼ります。ダクトテープの処理方法で重要なポイントは、張ったあとに空気に触れないようにすることです。

ダクトテープを貼った後の入浴については、同居人や家族がいる人は最後に入るようにしましょう。

事情があり先に入浴する際には、テープを貼り直してから入浴し、その後再度貼り直してください。一般的に入浴だけでウイルス性イボが移る可能性は低いものの、お風呂場の外に足ふきマットがある場合にはイボが触れないようにするか、使用後はしっかり洗濯する必要があります。

ダクトテープでイボを処理する場合、効果を実感できるまでに時間がかかるケースが多く、長期間継続しなければならないため手間がかかる点を覚えておきましょう。

およそ1ヶ月程度継続しても効果を実感できない場合は体質に適していないため、ダクトテープの使用を中止して皮膚科を受診してください。

ウイルス性のイボには厚みがあることが特徴で、表面に突出している部分を頂点として滞在に底辺があり、テープと同時に剥がれることによって薄くなるケースがあります。

イボの厚みを計測する際には、毛抜きの側面にある平らな部分をライターなどで熱し、熱い側面をイボに当てて熱さを感じる時間で見極めることが可能です。ダクトテープの使用を続けていると、イボの表面にかさぶたができるケースがあり、かさぶたができれば完治まであと一歩だといえます。

ただし、かさぶたは無理に剥がすと出血し菌が増殖する可能性があるため、剥がさずにダクトテープを貼り続けましょう。かさぶたは皮膚が再生しているサインであり、かさぶたが取れた後は様子を確認しながらダクトテープを使用しない日を挟むようにしましょう。

ダクトテープを使った人の口コミ

実際にダクトテープを使用した人の口コミを紹介します。

使って良かった人の口コミ

使い始めてから10日目で変化が見えたため、使い続けています。それまで 色んな方法を試してみました。ダクトテープは線香焼きのように痛みもなく、木酢液のように臭いもなかったため、自分には合っていると思います。」

使ってイマイチだった人の口コミ

ダクトテープを使ってイマイチだった人の口コミは見当たりませんでした。

ダクトテープでイボが治る可能性は低い

イボにダクトテープを使用する方法は、民間療法であり、医学的に証明された治療法ではありません。そのため、必ず効果が見られるとは限りません。「ダクトテープを使用すれば必ずイボが治る」と考えて行なってしまうと、効果を実感できなかった際に精神的なダメージを受ける可能性もあるため、あくまでも民間療法にあることを認識した上で行いましょう。

しっかりとイボを治すなら病院を受診する

民間療法でイボを治す方法はたくさん存在しますが、医学的な根拠があるわけでもなく効果が証明されているわけでもないのです。

なかには実行して症状が悪化したり、イボがない部分の皮膚が荒れてしまったりする人もいます。その場合はすぐに中止し病院を受診しましょう。また、人によってはアレルギーがあったり肌に合わなかったりするケースも多いため、症状の改善が見られないにも関わらず使用を継続しないようにしてください。

イボのケアにはオイルやクリームを使う

イボの完治は難しくてもオイルやクリームでケアすることができます。また、体に負担がかかりにくいことや、イボだけではなく周辺の肌にも優しいこと、手軽に始められることが挙げられます。

イボを治療することは重要ですが患部ばかりを意識してしまい、肌本来の免疫力を意識していないケースも多いでしょう。イボの治療と再発を予防するためには、肌が本来持っている免疫力を活性化させることも重要です。イボを含め、肌のトラブルは免疫力の低下が要因であるケースが多いといえます。

オイルやクリームに配合されている医薬品や、自然由来成分は、肌のもつ機能を高めるための手助けに役立つでしょう。