サイトマップ

HOME » いー坊がお答え!イボについてなんでもQ&A

いー坊がお答え!イボについてなんでもQ&A

ここでは、イボについてよくある質問について、いー坊が答えていくよ。イボ治療において知っておきたい情報も一緒に紹介してくので、目をとおしてみてくださいね。

正しい知識で正しくイボを治そう

いー坊のイボに関するQ&Aイボにかんする疑問・質問のなかで、もっともよくあるのが「イボとウオノメ、タコの違い」について。

一見、どれも似たような症状なので同じもののようにも思えますが、果たしてどうなのでしょうか?

見た目は同じでも、原因が違えば治療法も違ってきます。

いちばん避けたいのは、間違った自己診断で間違った治療をしてしまい、「傷跡がのこってしまった」「数が増えてしまった」など、取り返しがつかなくなってしまうことです。

そうならないために、それぞれの違いを知り、正しい処置をしていきましょう。

「イボができないようにするには?」という質問も、よく耳にします。

イボができないようにするには、その感染経路をシャットアウトすることが肝心。

いくらイボがポロっととれても、ウイルス性のイボなら皮ふの深層にまだイボウイルスが潜在している可能性が大です。

するとまた、やがてイボがひょっこり顔を出してしまいます。

再発を防ぐためにも、イボができないようにする対策について、いー坊がおおしえしていきましょう。

イボの感染についても正しい知識を身につけておいたほうがいいです。

イボはうつるのかどうか、そしてうつるのならばどういう経路で感染するのか。感染経路を知れば、それを避けることができます。

妊娠するとイボが増える? 正しいイボの治療法とは

それから「妊娠してからイボができた」という人もけっこういます。妊娠すると、ホルモンバランスの影響で体質が変化することも少なくないため、イボができやすくなるようです。

ですが注意したいのが、「病院の治療や薬だと、赤ちゃんへの影響が心配」と、民間療法で治そうという考え。

民間療法について本当に効果があるのかどうか、いー坊なり調べてみました。

そちらもあわせてご覧ください。