サイトマップ

HOME » イボができやすいパーツとは?~種類や特徴について~ » 手のひら・指

手のひら・指

イボができやすいからだのパーツのうち、このページでは手のひらと指について説明していきましょう。

手にウイルス性イボができやすい理由

いー坊と手のひら・指のイボ手にできるイボは、自分でも目に入るためとくに気になりやすいイボです。

手の甲側にできると見た目的に気になりますし、手のひら側にできると何か触るたびにイボの感触も伝わって不快ですよね。

イボのなかでも、手にできやすいのがウイルス性の尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)。

皮ふに小さな傷口があると、ヒトパピローマウイルスというイボウイルスが侵入して感染し、発症します。からだのなかでももっとも細かい傷の絶えない、手にイボができやすいのはそのためです。

手遊びやおもちゃ遊び、あちこちをよく触る、子どもにできやすいのも納得でしょう。

免疫力が低下しているとさらに感染しやすくなるため、大人でも疲れているときや病気を患っているときなどは、とくに注意してください。

まわりの肌とおなじ色をしていて、大きさは1mmくらいの小粒のものから1cm、2cmの大きなものまでさまざま。

放置しておくと自然になくなることもありますが、いつ、どのタイミングでなくなるのかはわかりません。

いまはまだ数mmていどの小さなイボでも、すくすく育って大粒のイボになることも多いため、気になるようなら早めの対処することがおすすめです。

尋常性疣贅はウイルス性なので、ほかの人に感染する危険性もあります。

家族でタオルなどを共有しない、握手するときもなるべくイボが当たらないようにする、などの配慮も必要でしょう。

指の関節は大きくなりやすい

手のなかでも、できやすいのが指の関節です。

それにもわけがあります。

関節は手でもっとも稼働量の多い箇所。それだけにシワがあって皮ふも薄くなっているため、目に見えないような傷でも皮ふの奥まで達しやすいことから、ウイルスに感染しやすいのです。

指の関節にイボができると、指を曲げたり伸ばしたりするときにイヤな感触がのこります。

また、関節の皮ふのすぐ下は骨であることから下へは成長できず、イボは上へ上へと大きく育ちやすいという特性も。

指の関節に大きなイボが多いのはこうした理由があるからです。

手のひら・指にできやすいイボ