サイトマップ

HOME » イボができやすいパーツとは?~種類や特徴について~ » 足の裏

足の裏

からだにできやすいイボのなかでも、ここでは足の裏にできるイボについて解説しましょう。

ウイルス性のイボができる足の裏

いー坊と足の裏のイボ足の裏にできるイボは、ほとんどがウイルス性のイボ(足底疣贅)です。

色は少し白っぽく、数mmほどの平たい斑点状の症状があらわれます。

その大きさや色から、よく魚の目と間違われることも多く、削ってしまう人も。しかし、足の裏のイボを削るのはおすすめできません。

ウイルス性のイボは感染します。手や足の小さな傷があれば、イボの削りかすに付着しているウイルスが感染する可能性があるんです。

むしろ悪化させるだけなので、まずはイボか魚の目かを正しくジャッジしなければいけないでしょう。

見わけ方は、白い斑点の中心を押してみること。神経を圧迫している魚の目なら、ダイレクトに痛みが伝わってきますが、イボならそれほぼ痛みは感じません。

年齢や性別によってできやすいということはなく、家のなかでも裸足で歩きまわる、足の洗い方が十分ではない、体重のかけ方のバランスが悪いなど、特定の習慣に要因があるようです。

足底疣贅のほかに足にできやすいイボには、伝染性軟属腫があります。

伝染性軟属腫とは、ミズイボのこと。

同じく感染性のイボで、数mmから5mmくらいの小さい丘疹ができ、子どもがかかりやすいのが特徴です。

同じウイルスでも、足底疣贅がヒト乳頭腫ウイルス、伝染性軟属腫が伝染性軟属腫ウイルスと、種類はまったくの別もの。

足の裏だけでなく、パーツを選ばずできるので、自己感染には注意が必要です。

足の裏のイボはタチの悪さno.1

イボは種類を問わず、からだのあちこちにできるものですが、そのなかでもいちばんやっかいなのが足の裏のイボ。

とくに、かかとにできてしまうと、なかなか治りません。

足の裏は常に体重がかかっているうえ、靴、もしくは床・地面に密着しています。

イボは皮ふの外側へ向かって成長することができす、皮ふの内側へ内側へのびていくんです。

しかも、かかとは皮ふが分厚く、イボウイルスが皮ふの奥深くまで潜行できる環境が整っているという悪条件。

体重が重い人のほうが、より悪化しやすいという傾向があります。

治療は、おもに液体窒素で治療します。液体窒素治療はイボの表層を削ってから液体窒素をあてることで、低温やけどでウイルスを焼き殺すとともに、傷が治る新陳代謝を利用して皮ふの深層が浮いてくるのを待ちます。

何回かこれを繰り返し、ウイルスの根が表面にでてきたことろを最終的にやっつけるという治療法。

ですが、皮ふ層が深く、毎日体重をかけられて奥へ奥へと根が押しやられているため、根の部分が盛り上がってくるまでに数か月はかかります。

そのため、足の裏にできたイボを治すのは難しいというわけ。もちろん、時間をかければ治せますが短期間ではまず治せません。

これを短時間で処置できるのは保険適用外になるものの、レーザー治療だけ。

足の裏のイボを防ぐには、傷や感染を避けるため家のなかでもなるべく靴下をはくなどのケアが必要です。

足の裏にできやすいイボ