サイトマップ

HOME » イボができやすいパーツとは?~種類や特徴について~ » 顔

イボができやすいからだのパーツのなかでも、ここでは顔について説明していきます。

若いほど顔にイボができやすい

いー坊と顔のイボからだのなかでも、顔にできるイボほどイヤなものはありません。

イボの位置によっては、相手のうける印象もかなりかわってきてしまいます。

とくに女性にとって、顔は命。

顔にイボができることは絶対に避けたいですし、できたら一刻もはやく治したいのが心情ではないでしょうか。

しかし、そんな女心とはうらはらに、イボはできる場所を選びません。

顔にできるイボのほとんどは、「青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)」。

青年性扁平疣贅は、大きさは米粒よりも若干小さめで、少し皮ふが盛り上がっている症状が特徴です。色は肌と同色、もしくは淡い茶色。

青年性といわれるゆえんは、中高年にはほぼ見られず、20歳前後の女性に多くできることから。

できてから1~2週間で自然消滅することもありますが、増殖してしまう危険性も高いため、できるだけ速やかに皮膚科で診てもらうようにしてください。

治療は液体窒素か、レーザーでの治療が主軸となります。

液体窒素は安価でできるものの、数回から多ければ数十回通院する必要があり、痛みもともなう治療法。レーザーは1か所につき10分~20分で切除できますが、自由診療で治療費が高く治療跡が少しのこることも。

どんな治療法がいいのかは、イボの状態にもよるので、医師とよく相談するようにしましょう。

加齢とともにできるイボも

いー坊と顔のイボ青年性扁平疣贅が若い女性に多いのに対し、中高年世代にできやすい顔のイボもあります。

それが、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)です。

老人性疣贅は、老人性といっても30代~から増えはじめるイボで、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)ともいわれています。

最初は1mmくらいの小さな粒なのであまり気になりませんが、放置しておくと徐々に大きくなるので、気づいたときにショックをうける人も。

青年性扁平疣贅は肌と同じ色ですが、老人性疣贅はやや黒っぽいのが特徴です。

20代、30代の女性で、どちらの疣贅か区別がつかないときは、黒いイボであれば老人性疣贅だと思っていいでしょう。

元来、老人性疣贅は良性の腫瘍なので無理に切除する必要はありません。

しかし、できた場所が顔なら話は別。

市販薬などでも効果はありますが、即効性はないので根気よく続ける必要があります。

すぐにイボをとりたいのであれば、病院で切除をうけるのが安全で確実な方法です。

決して、自分で切るなどしないようにしてください。悪化させる可能性もあります。

顔にできやすいイボ