サイトマップ

HOME » イボができやすいパーツとは?~種類や特徴について~ » 背中

背中

からだのなかでもイボのできやすい部分として、ここでは背中について説明してきます。

背中ニキビと間違えやすい扁平イボ

いー坊と背中のイボ背中のイボ。自分では直接見ることができないだけに、余計に気になる部分です。

見えないがゆえに手で触ってしまい、その手を介してイボが広がっていく、という最悪なケースもよくあります。

また、「背中ニキビ」と間違えやすいのも、背中イボの特徴。

「ニキビだからそのうち治る」と思って放っておいても、いつまでたっても治らない…。そんな思い当たるフシがあれば、それはイボと考えて間違いないでしょう。

背中イボの多くは扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)といわれる、ウイルス性の扁平イボです。

扁平イボは、人や肌質によって症状が楕円だったり線状だったりと個人差があるため、その形状からなかなか判別できない点も、背中ニキビと間違いやすい原因となっています。

背中ニキビが赤っぽいのに対し、扁平イボの色は肌色であることが多く、こうした点が見分けるひとつのポイントになるかもしれません。

なお、ウイルス性であることから、角質の硬化によるイボと同じ治し方は通じないのでご注意を。

保湿クリームや美容液などでは完治しないだけでなく、炎症をおこしたりウイルスを拡散させて悪化するリスクもあります。

加齢するとできる脂漏性角化症

扁平イボ以外で背中にできやすいイボとしてあげられるのが、脂漏性角化症。

いわゆる、老人性イボです。

老人性といっても、早い人は20代で発症するので、必ずしも年齢を重ねた人だけにできるものとは限りません。

老人性イボの大きな原因は紫外線であることから、背中に日光を直接浴びる機会の多い人がなりやすいようです。

背中を露出しなくても、紫外線の強い日はUVカットの服を着るなどの予防が必要でしょう。

大きさはだいたい1~2mmていどのものが多いですが、なかには2cmクラスの大型イボになるケースも。色は淡褐色、灰褐色、黒色など人によってまちまちです。

基本的には良性腫瘍ですから放置しておいても問題はありませんが、まれに日光角化症や悪性黒色腫という場合もありますので、よくわからないときは皮膚科で診てもらうようにしてください。

背中のイボ対策とは

自分で気づかないうちに背中のイボがびっくりするくらい増えていた…!という方もいるので早めに気づいて対策をとりましょう。

自宅治療

自宅治療を行おうと思った場合、イボコロリもおすすめです。市販薬の中でも特に有名な商品ではないでしょうか。角質をやわらかくしてイボを取り除く効果があり、手足や背中にできたイボにも使えます。

背中は自分では手が届きにくい場所ということもあり、関係のないところに薬を塗ってしまわないように注意しましょう。

病院治療

背中のイボの場合、背中ニキビと間違えやすいものも多く、自己判断が難しいです。そのため、病院で治療を受けるのもおすすめ。背中のイボが大きい場合は外科手術になることもあります。

脂漏性角化症の場合は基本的に液体窒素を使って取り除くので、費用もそれほどかかりません。見た目の美しさにこだわる場合にはレーザー治療もおすすめです。

背中にできやすいイボ