サイトマップ

HOME » イボができやすいパーツとは?~種類や特徴について~ » 胸・お腹

胸・お腹

からだのパーツ別にできやすいイボの種類・特徴のうち、このページでは胸・お腹について説明していきます。

妊娠するとできる胸のイボって?

いー坊と胸とお腹女性の場合、イボが胸にできてしまうことがあります。

とくに妊娠するとよくみられる風潮があり、「乳輪のまわりにポツンと盛りあがったものができた」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

妊娠の経過とともに胸が大きくなってくると、そのイボ状のものも大きなることも。

産婦人科で診てもらうと、出血や体液が漏れていなければ問題ないといわれると思います。

このイボの正体は、アクロコルドン。良性の腫瘍で、皮ふの老化が原因です。

30歳をすぎるとできやすくなるイボですが、妊婦さんに多いわけは、妊娠中に脂肪が増えやすくなることやホルモンバランスが変わってくることなどが原因と考えられています。

害はないものですが、女性として大事なところにイボがあるというのもイヤですよね。

皮膚科に行けば、その場で切除してくれます。ウイルス性のものでもないので、再発の心配もありません。

液体窒素で処置することもあるようですが、考えただけでも痛そうです…。

あらゆるイボができるお腹

シワの絶対数も少なく、比較的保湿度も高いお腹も、意外とイボができやすいパーツのひとつ。

お腹にできやすいイボには、老人性イボ、ウイルス性イボ、ミズイボなどがあります。

つまり、あらゆるイボができやすい、イボのデパートメントストア、といったところでしょうか。

中高年の方で、大きさ1mm~2mmで肌色から茶色っぽいイボができている場合はこれもアクロコルドン。老人性イボです。

切除すれば治りますし、杏仁オイルや市販薬、イボに効果のある美容ケア用品などでも治すことができます。

ウイルス性のイボは肌色ですが、大きさは三者三様、十人十色。はじめ小さくても成長して大きくなります。

感染しやすいイボで、どこかで手にウイルスが付着し、そのまま腹部を触ったときに感染したりするので要注意。

治療は基本的に液体窒素。筋肉は少ないお腹の液体窒素治療は、とくに痛いです。

ミズイボなら麻酔テープで麻酔をかけたあと切除する方法もありますが、ウイルス性のイボは切除しただけでは再発します。

どうしても液体窒素、もしくはレーザーでの治療でなければ完治しません。

胸・お腹にできやすいイボ

杏仁オイルで胸・お腹を綺麗にイボ治療!

顔や手とは違ってあまり人に見られることは少ないとはいえ、やはり胸やお腹にできたイボも気になりますよね?
とくに女性であれば、キレイに治したいと思うでしょう。

そんなとき試してもらいたいのが、杏仁オイル。
なぜ杏仁オイルがおすすめなのかというと、まず高い美容効果が期待できる、というのが1点。
そして症状部分に直接塗るだけという手軽さがもう1点のおすすめする理由です。

杏仁オイルには皮脂を補うはたらきがあるため、皮膚にバリアを張って紫外線のダメージからお肌を守る作用があります。ですから、紫外線が原因で、加齢によって増えてしまう老人性イボに対しても力を発揮してくれます。

そのうえ水分を逃がさない保湿作用もばっちり。うるおいを閉じ込めて常にみずみずしいお肌をキープできるため、高い美容効果が期待できる、というわけ。
その高い美容効果とイボ対策効果を支えているのは、必須脂肪酸の存在。
杏仁オイルにはオレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、ステアリン酸などの必須脂肪酸がたっぷりとふくまれているのです。
ひとのからだにいちばんふくまれるオレイン酸には抗酸化作用と保湿・防乾燥作用が、「若さの脂肪酸」の別称をもつパルミトレイン酸にはうるおい効果としっとり効果が、お肌を刺激から守るリノール酸には角質硬化や老化を防ぐ作用が、パルミチン酸には皮膚細胞を活発化させるビタミンAの安定作用が、ステアリン酸にはお肌の柔軟効果と保湿効果があることが知られています。

これだけの必須脂肪酸をふんだんに含有していることから、つぶつぶイボにアプローチしながら同時に美肌にもなれるのも当然といえば当然かもしれませんね。

しかも、オイルなので気になる規模に直接ぬりこむだけでOK。レーザー治療によるお肌への負担リスクも、液体窒素治療による痛ぁ~い苦悶とも無縁。ヨクイニンなど服用治療のわずらわしさもありません。
手軽にイボのケアをしながら、しかも肌年齢の維持やお肌の若々しさを取り戻せるわけですから、これは試してみない手はないでしょう。