サイトマップ

HOME » イボができやすいパーツとは?~種類や特徴について~ » 胸・お腹

胸・お腹

からだのパーツ別にできやすいイボの種類・特徴のうち、このページでは胸・お腹について説明していきます。

妊娠するとできる胸のイボって?

いー坊と胸とお腹女性の場合、イボが胸にできてしまうことがあります。

とくに妊娠するとよくみられる風潮があり、「乳輪のまわりにポツンと盛りあがったものができた」という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

妊娠の経過とともに胸が大きくなってくると、そのイボ状のものも大きなることも。

産婦人科で診てもらうと、出血や体液が漏れていなければ問題ないといわれると思います。

このイボの正体は、アクロコルドン。良性の腫瘍で、皮ふの老化が原因です。

30歳をすぎるとできやすくなるイボですが、妊婦さんに多いわけは、妊娠中に脂肪が増えやすくなることやホルモンバランスが変わってくることなどが原因と考えられています。

害はないものですが、女性として大事なところにイボがあるというのもイヤですよね。

皮膚科に行けば、その場で切除してくれます。ウイルス性のものでもないので、再発の心配もありません。

液体窒素で処置することもあるようですが、考えただけでも痛そうです…。

あらゆるイボができるお腹

シワの絶対数も少なく、比較的保湿度も高いお腹も、意外とイボができやすいパーツのひとつ。

お腹にできやすいイボには、老人性イボ、ウイルス性イボ、ミズイボなどがあります。

つまり、あらゆるイボができやすい、イボのデパートメントストア、といったところでしょうか。

中高年の方で、大きさ1mm~2mmで肌色から茶色っぽいイボができている場合はこれもアクロコルドン。老人性イボです。

切除すれば治りますし、杏仁オイルや市販薬、イボに効果のある美容ケア用品などでも治すことができます。

ウイルス性のイボは肌色ですが、大きさは三者三様、十人十色。はじめ小さくても成長して大きくなります。

感染しやすいイボで、どこかで手にウイルスが付着し、そのまま腹部を触ったときに感染したりするので要注意。

治療は基本的に液体窒素。筋肉は少ないお腹の液体窒素治療は、とくに痛いです。

ミズイボなら麻酔テープで麻酔をかけたあと切除する方法もありますが、ウイルス性のイボは切除しただけでは再発します。

どうしても液体窒素、もしくはレーザーでの治療でなければ完治しません。

胸・お腹にできやすいイボ