小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~

サイトマップ

小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~ » 神田でおすすめのイボ治療クリニック5選

神田でおすすめのイボ治療クリニック5選

イボは皮膚にできるデキモノのことで、目に見えないような傷からウイルスが感染することによってできます。手や足、顔にできやすく特に足の裏のイボは触ってしまう人が多く、より感染してしまうケースもあります。一般的な治療法は液体窒素による凍結療法。 その他にもサリチル酸というもので軟化したり漢方を用いたり塗り薬を使用することがあります。液体窒素による治療は大きさや人によっては痛みを伴うこともあります。ほとんどの病院で凍結療法を行なっていますが、病院によっては塗り薬で済む場合など、治療方法が異なります。行なっていない治療法もあるため、どのような治療を行なっているのか病院で直接聞くと良いでしょう。

イボは治りにくいものが多いため、1週間に1度凍結療法を受けたりする必要があります。そのため気長に付き合っていく必要があります。そのまま放っておいてしまうと跡が残ったり皮膚トラブルを招く恐れもあるため、イボを見つけたらすぐ病院に行くことをオススメします。

神田のイボ治療ができる病院リスト

かじ町鈴木皮膚科

イボ治療の特徴

基本的には液体窒素による治療を行ないますが、いくつかの治療法を組み合わせることもあります。イボはウイルスによって感染するものと、良性の腫瘍としてのイボの2つに分けられ、生殖器にできるウイルス性の尖圭コンジローマは保険適用の塗り薬で治します。ウイルス性のイボのうち、足や手にできたイボは最も治りにくく、1年くらいかかってしまうこともあります。

良性腫瘍のイボは取り除いてしまえば治療は終了。液体窒素の他に直接切除を行なったり、レーザーを使用する方法も行なっています。保険適用外の治療もあるため、医師から詳しく説明を受ける必要があります。

料金

イボ治療についての料金は記載されていませんでした。

基本情報

内神田皮膚科

イボ治療の特徴

イボは表皮の病気で浅層性疾患と言います。塗り薬、冷凍、レーザーなどと言った外からのアプローチによる治療を主に行ないます。また、液体窒素や紫外線を当てる治療法も。 尋常性疣贅という治療ではイボを上手に削ってから凍結治療を行い、治るのが難しい場合は局注を行なうこともあります。

内神田皮膚科では、保険外の治療や処方を行なう自由診療を行なっており、イボの治療は保険適用の範囲の場合保険治療、治りにくいものに対しては自由診療が行なわれています。自由診療ではブレオ局注療法という、副作用を抑えながらも病変局所を狙い撃つ効果の高い治療法が行なわれています。

料金

基本情報

神田医院

イボ治療の特徴

神田医院では必要かつ十分な検査機器や画像診断機器を使用して、的確な診断を行なうことで迅速に治療を進めていきます。また一人一人の要望に合わせた個別性の高い診療にも努めており、地域の医療機関や大学病院などとの連携も行なっています。皮膚科の他にも内科や消化器内科、循環器内科、心療内科、精神科など多数の分野の治療を行っているため、イボの治療の際に不安があれば一緒に見てもらうことも可能。別の病院に行かず1つの病院で済むというメリットがあります。

皮膚科ではイボの他にも湿疹、蕁麻疹、ニキビ、水虫、アトピーなど幅広く対応をしています。イボの治療では主に液化窒素による凍結療法を行っていますが、来院日が水曜日と指定されているため注意が必要です。

料金

イボ治療についての料金は記載されていませんでした。

基本情報

神保町駅前皮膚科

イボ治療の特徴

基本的に液体窒素による凍結療法を行っています。液体窒素を病巣に当てウイルスに感染した細胞を壊死させるという治療を、1週間に1度繰り返し行なうというものです。 また、イボに対する免疫力を上げてくれる漢方のヨクイニンエキスの内服や、イミキモドの服用も行っています。 冷凍凝固法で過去に完治しなかったウイルス性のイボの場合は、ブレオマイシン局所注射を行なっています。これは確実性と即効性に優れた治療法ですが、基本的には凍結療法が効かなかったりできない場合に行ないます。

他にもイボの治療法には外科的切除や炭酸ガスレーザー、エトレチナートやH2受容体拮抗薬の内服などがありますが、こちらの医院では行なっていません。

料金

基本情報

飯田橋皮膚科スキンクリニック

イボ治療の特徴

イボ治療の他に蕁麻疹や水虫、乾燥など一般的な皮膚科の治療を行なっています。凍結治療などと言った保険内での治療がほとんどですが、状態がひどい場合や凍結治療では治らない場合保険適用外の治療を行なうこともあります。

料金

イボ治療についての料金は記載されていませんでした。

基本情報