サイトマップ

HOME » 病院でのイボ治療・イボ除去ガイド » 局所注射による治療

局所注射による治療

このページでは、病院でのイボ治療、イボ除去法のなかでも、局所注射による治療についてまとめていきます。

局所注射によるイボ治療とは

いーとイボの局所注射治療イボの局所注射での治療では、抗がん剤を使った方法が知られています。

これは、ブレオマイシンという抗がん剤を注射することにより、イボのウイルスを死滅させてしまうというもの。

ウイルスを死滅なんて、いー坊的には恐ろしい表現ですが、事前に局所麻酔を注射するため、そのチクリとした痛みさせガマンすれば、治療そのものの痛みはありません。

液体窒素治療ではなかなか治らなかったしつこいイボも、直接、ウイルスを殺す「局所注射で治った」というのも、局所注射ではよく聞かれる声。

一回の治療で完治する確率は約40%といわれいて、あとは2~3回にわけて注射をしていく必要があります。

イボがとれたらしばらく経過観察し、最終的に1か月くらいたって再発しなければ治療完了です。

費用面で気をつけたいのが、こちらもレーザー治療とおなじように保険適用外の治療であること。

全額自己負担となるので、あらかじめ費用については医師と相談しておきましょう。

ショット1mlで5,000円~くらいが相場のようですが、病院によって料金体系が違い、1回1,000円~というところも。このあたりも要確認です。

注射特有の術後の腫れにかんしては、冷やしてから処置するなどきちんと対処していれば、さほど気にならないようです。

局所注射のメリット・デメリット

メリット
  • 注射なので傷跡がのこらない
  • 一度に多数のイボに施術できる
  • 液体窒素の効果が弱いイボでも治せる
デメリット
  • 施術後も痛みが数日間は続く
  • 1回の治療で治る確率は40%
  • 保険外治療なので医療費自己負担が大きい

局所注射治療した人の声

口コミ「一度の注射でこんなに効果があるとは思いませんでした!再発しないことを祈ります」
口コミ「治療するのに4回かかったけど、再発しませんし満足しています」
口コミ「イボが根深かったようで、注射が届かず治療できませんでした。結局、レーザーでイボをとりました」
口コミ「注射4回で合計6万円かかったけど、その甲斐はあったと思います!」

【いー坊からひと言】

いー坊イボの注射での治療は出血することもなく、注射したその日の入浴や運動などにも制限はありません。注射なので傷跡ものこらないし、液体窒素で処置しきれない深さのしつこいイボにも効果があります。

しかし何回注射すれば完治するかは、打ってみなければいけない側面があり、費用面での負担が心配されます。

まずは身近にできる対策をやってみて、それから注射でのイボ治療を検討してみても遅くはないと思いますよ。

病院でのイボ治療・イボ除去ガイドはこちら>>