サイトマップ

HOME » 病院でのイボ治療・イボ除去ガイド

病院でのイボ治療・イボ除去ガイド

ここでは、病院・クリニックでのイボ治療についてご紹介しましょう。

病院でうけられる3つのイボ治療

病院病院・クリニックでイボを診察・処置する科目は、皮膚科です。

皮膚科では、おもに次のような治療法でイボを治していきます。

レーザー照射でイボを焼却する治療は専用の機器が必要となるため、美容外科や美容皮膚科、形成外科などでなければ取りあつかっていないこともあるのでご注意を。

また、局所注射もそれ用の薬剤や機器がいるので、どこの皮膚科でも処置できるわけではありません。

一般的な皮膚科では、液体窒素を使った治療が主流となります。

レーザーや局所注射が保険適用外なのに対し、液体窒素は保険適用の治療です。そのため、液体窒素で治療するケースが大半。

「その場で即刻イボを取りたい」「何か月も待ってられない」という場合や、液体窒素でなかなか効果がえられなかった場合などで、レーザーや局所注射を利用する人が多いようです。

液体窒素治療

いーとイボの液体窒素治療液体窒素を使って、イボウイルスを凍結・壊死させる治療法。1週間から10日に1回通院して処置する。凍結・融解を繰り返すことで新しい皮ふを内側から隆起させ、皮ふの奥底にいるイボウイルスを表層にまで押し上げて液体窒素で死滅させる。

保険適用でもっとも治療単価は低いながら、数週間から数か月単位での治療期間がかかる。患部を削って液体窒素で低温やけどさせるため、激しい痛みを伴うことも。

【経験者の口コミ】

口コミ「治療したあと水ぶくれになって、数日間痛みがとれなかった」
口コミ「足のイボ治療で半年、液体窒素で治療しました。ちゃんとイボはなくなりました」
口コミ「指のイボがとれるにはとれたけど、とにかく治療中と治療後は痛かった」
口コミ「足の裏のイボの根が深いようで、1年かよってもまだ治らない」
口コミ「子どもが皮膚科で治療しました。新陳代謝が早いので、けっこうすぐ完治しました」

液体窒素のイボ治療についてみてみる>>

line

電気・レーザー治療

いーとイボのレーザー治療電気・レーザーを患部に照射し、イボウイルスを死滅させる治療法。麻酔をかけるので痛みはなく、出血もごく少量。数10分の施術で、その日のうちにイボを取り去ることができる、もっとも即効性の高い方法のひとつ。

イボの根が深いとレーザーで焼き切れないため、確実性にはやや欠ける。再発の可能性があり、費用も保険適用外で割高というデメリットも。

【経験者の口コミ】

口コミ「治療中も治療後も痛みは感じなかったし、出血もほとんどなかった」
口コミ「病院にいったその日に、イボがとれたので感動しました」
口コミ「あっけないくらい、たった20分で施術がおわった。傷跡ものこりませんでした」
口コミ「手のイボをレーザーで切除。でも、1年たたないうちにまた再発した」
口コミ「自分にしかわからないと思うけど、少し傷跡が。でも許容範囲なので満足です」

レーザーのイボ治療をみてみる>>

line

局所注射治療

いーとイボの注射イボウイルス殺傷能力のある、抗がん剤を注射する治療法。事前に打つ麻酔の痛みのみで、施術そのものの痛みはない。液体窒素では効果がなかった頑固なイボにも、直接注射することで効果を得られる。

1回で完治する割合が40%で、人によっては術後、数日痛みがあることも。また、レーザー同様、保険適用外なので費用がかさむところが局所注射の泣き所。

【経験者の口コミ】

口コミ「予想外に回数がかかったけど、イボがきれいになくなって感動」
口コミ「1回じゃ完治せず、最終的に4回注射。合計6万円したが結果には納得」
口コミ「皮ふの奥までイボはが入り込んで注射が届かず、レーザーで除去することに」
口コミ「1回でもかなり効果があった。1か月たっても再発してないので、たぶん完治」
口コミ「はじめは何回打つ必要があるかわからないので、最終的にはかなりの額になってしまった」

局所注射のイボ治療をみてみる>>