サイトマップ

HOME » 【くわしく解説】イボにはどんな種類があるの? » 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

このページでは、知っておきたいイボの知識のうち、尋常性疣贅にかんする情報を紹介していきましょう。

自己拡散して増える尋常性疣贅

尋常性疣贅尋常性疣贅はウイルス性のイボで、人から人へ感染します。

できる場所をとくに選ばず、からだのどこにでも発症しますが、なかでも、手の指や爪のまわり、手足の甲、足の裏などはとくにできやすい場所。接触が多く、傷をうけやすいところによくできる傾向があります。

自分で無意識のうちに尋常性疣贅を触って、ほかの場所に自己拡散させてしまうことも珍しくありません。

発症したてのころは1mm角ほどの大きさで、「小さいブツブツがあるな」くらいの感覚ですが、数か月後には1cm角の半球状に隆起。

足の裏だけは体重がかかって隆起できないため、皮ふの内側へ成長していき、魚の目状になるのが特徴です。

少しずつ大きくなって表面が角化して粗く灰白色にかわっていきます。

痛みがあったり、なにか実害があったりするわけではありませんが、放っておくと大きくなっていくのでやっかいです。

尋常性疣贅をひき起こす原因となっているのは、ヒトパピローマウイルス。

皮ふに目に見えないような小さな傷口ができたり、免疫力が低下して抗ウイルス力が弱っているときにヒトパピローマウイルスが侵入してきます。

免疫力の弱さが関係していることから、子どもにイボができやすいのです。

ウイルス性が角質の角化性のイボの見わけ方は、ちょっとだけイボを削ってみると一目瞭然。

イボに血管が通って血が出てくるのがウイルス性、血が出ないのが角質角化性のイボです。

尋常性疣贅の治療方法

保険適用で治していくのなら、尋常性疣贅は液体窒素で治療していきます。

凍結と融解を反復することで、免疫力を高めながらイボの芯を表面までおしあげさせ、最終的にはウイルスを超低温で焼き殺すという方法。

1回あたりの処置料金が1,000円以内と安いものの、数回にわたって治療する必要があり、治療期間は長くなります。

また、このうえない痛みがあるのもこの治療です。

時間をかけずに除去したいのであれば、レーザーによる治療が効果的。

局部麻酔を打ってから患部をレーザーで焼却するので、痛みもありません。施術時間も10分から20分ていどなので、その日のうちにイボをとることが可能です。

液体窒素療法はどこの皮膚科でもうけられますが、レーザーは美容系の皮膚科や大きな病院でなければ対応できないので、事前に確認しておきましょう。