サイトマップ

HOME » イボに効く成分を徹底調査しました! » サリチル酸

サリチル酸

肌のターンオーバーを促進して新しい皮膚の生成をサポートするサリチル酸。ピーリング剤や美容液などに含まれているサリチル酸は、イボに対してどのような効果があるのでしょうか。
こちらでは、サリチル酸の特徴やイボに期待できる効果について紹介しています。長年イボに悩まされている人はぜひ参考にしてください。

サリチル酸の特徴

皮膚の角質を薄くして柔らかくする働きを持つサリチル酸。医薬品に使用される合成有機化合物の一種で、ニキビ・角化症・イボ・水虫・乾癬(かんせん)などの治療によく用いられている成分です。

肌のターンオーバーをサポート

サリチル酸には肌のターンオーバーを促進する作用があり、新しい細胞を生成します。角質を薄くして毛穴のつまりを抑制する働きを持つ成分で、ニキビケアに効果的。皮膚の新陳代謝を活発にしてコラーゲンを増やすため、キメ細かい滑らかな肌が手に入ります。抗菌作用も持っているので、細菌や真菌の増殖を抑制する効果も期待できる成分です。ニキビや頭皮のフケ予防効果もあることから、シャンプーにも含まれています。

サリチル酸の安全性は?

比較的安全性が高いサリチル酸ですが、過剰に使用するのはNGです。大量に使うと気になる箇所以外の健康な皮膚も薄くなりすぎてしまい、痛み・炎症・肌の赤みなどの症状を引き起こすリスクが高くなります。過剰に使用すること以外は副作用がありません。

イボに期待できる効果

サリチル酸の角質をやわらかくする作用は、イボの改善に効果的です。サリチル酸を主成分として配合している薬をイボに塗ると、柔らかく変化して皮膚の下で細胞分裂が促進されます。新しい皮膚が古い皮膚を押し上げるため、イボを除去できるのです。

サリチル酸が含まれている外用薬の使い方

液体タイプの外用薬の場合は、直接イボに薬を塗りましょう。塗るタイミングはお風呂に入った後がベスト。入浴後は肌の角質が柔らかくなっているので、成分が浸透しやすくなって効果を実感しやすくなります。1日に4回の頻度で3~4日塗り続けるとイボが白く変化して柔らかくなり、ピンセットでイボの芯を取り除きやすくなっていますよ。取り除く時に痛みを感じるようであれば、無理はせずにもう一度薬を塗り続けましょう。
バンドエイドタイプは、イボに貼るだけと簡単です。2~3日後にイボが柔らかくなっていれば、取り除いてもOK。仕事が忙しくて時間があまり取れない人におすすめです。

サリチル酸を使用する時の注意点

サリチル酸の塗りすぎはNG。イボがたくさんできてしまった時は注意が必要です。一度にたくさんのサリチル酸を塗ってしまうと皮膚への負担が大きくなるため、肌荒れを引き起こす可能性が高くなります。一度に1~2箇所ずつ使用するようにしてイボを改善しましょう。サリチル酸の角質を柔らかくする作用は、イボだけではなく健康な皮膚にもダメージを与えてしまいます。健康な皮膚にダメージを与えないためには、イボだけにサリチル酸が配合された薬を塗るようにしましょう。