小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~

サイトマップ

小さなイボから大きなイボまで~イボ治療百科~ » イボに効く成分を徹底調査しました! » あんずエキス

あんずエキス

あんずエキスの特徴やイボに期待できる効果についてまとめました。
あんずはジャムやお酒などに使われており、私たちの生活にも身近に存在する果物。そのあんずにイボを改善できる効果があることをご存知でしょうか。あんずに含まれているある成分が、イボを取り除く作用を持っているのです。
「肌の触り心地が悪いのが気になる」「年々お肌にイボが増えてきたかも…」という悩みをもつ人は必見。あんずエキスでイボを治してみませんか?

あんずエキスの特徴

あんずエキスとは、あんずの種から抽出した植物性オイルのこと。杏仁オイルやアプリコットオイルとも呼ばれています。

高品質な脂肪酸をたっぷりと含有

あんずエキスの特徴的な成分は、豊富に含まれている脂肪酸。パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・パルミチン酸・ステアリン酸などを含有しています。なかでも、パルミトレイン酸のアンチエイジング効果は絶大。「若さの脂肪酸」とも呼ばれ、古い角質を取り除いてお肌をみずみずしくしてくれる効果があります。

天然成分なので副作用の心配がない

あんずエキスはあんずから抽出される天然成分です。エキスそのものには合成物質や着色料が使われていないため、安心してお手入れに使えます。あんずエキスが含まれている商品を使う場合は、パラベン・アルコールフリーのものや無着色・無香料のものを選ぶのがおすすめです。
ただ、副作用がないからといって一度に多くのあんずエキスを使っても、効果は変わらないのでご注意ください。

イボに期待できる効果

あんずエキスに含まれている脂肪酸が、イボを取り除いて美肌へと導いてくれます。
年をとると共に体内の血流が滞り、新陳代謝が悪化。肌のターンオーバーが乱れてしまうと、蓄積した古い角質が溜まって固くなってしまいます。これが、イボができる原因なのです。
あんずエキスに含まれる脂肪酸が、新陳代謝を促進して固まってしまった角質を軟化。ターンオーバーの乱れを改善してイボを治してくれます。

イボの改善に効果的な脂肪酸って?

あんずエキスには様々な脂肪酸が豊富に含まれており、それぞれが肌に作用します。以下では、あんずエキスがもつ脂肪酸の働きについてまとめました。

パルミトレイン酸

人間の体内に存在している脂肪酸。肌のうるおいを保ち、悪化した新陳代謝を促してイボの生成を阻止します。年齢と共に減少していくため、定期的な補給が必要です。

マカデミアナッツなどに多く含まれているのですが、なかなか毎日マカデミアナッツを食べることはありませんよね。イボ対策のためには肌に塗ったほうが効果的なので、あんずエキスで取り入れてみてはどうでしょうか。

マカデミアナッツ油から得られる脂肪酸「パルミトレイン酸」のカルシウム塩が、黄色ブド ウ球菌やアクネ菌をより効率よく死滅させる選択殺菌性を示すことを発見しました。これら の菌は肌荒れやニキビの原因となることから、新しい天然由来の殺菌性パウダーとして、身体洗浄料やスキンケア化粧料への応用が期待されます。

出典: (PDF)天然油脂由来の殺菌性パウダー 身体洗浄料・化粧品への応用の可能性 | 国立大学法人山形大学

とのことで、同研究の中では、ボディソープなどに広く使われているラウリン酸のカルシウム塩も同じような選択殺菌性があることを効果として認めていますが、パルミトレイン酸カルシウム塩の方が短時間で殺菌効果が現れるため、より有用であるとの見解を示しています。

オレイン酸

皮膚の構成に必要不可欠な脂肪酸です。肌になじみやすく、保湿効果がバツグン。皮脂分泌のバランスを整えて肌荒れを防止します。

基礎化粧品に配合されることが多いことからも、オレイン酸が持っている美容効果がわかります。肌の調子を整えるのにも役立ってくれるので、イボ以外にも悩みを抱えている方も取り入れてみましょう。

オリーブ油が健康に良いとする根拠の一つがオレイン酸です。地中海地域の人々が、食物をたっぷり食べ、ワインを多飲するにもかかわらず冠状動脈性心疾患の発症が少なく、健康が維持されているのはオリーブ油の効果であり、したがって、多く含まれているオレイン酸の効果であるという説です。そして、オレイン酸のコレステロール挙動に関して、LDLだけを下げ、HDLは下げないとの選択制のあることが示されたことによりオレイン酸の健康に対する有効性が強く主張され、オリーブ油は健康に良い効果を持つとの説が確立された感があります。現在では、オレイン酸について次のように評価が一般的です。

  • コレステロール:LDLを増加させず、HDLを減少させない
    (コレステロール降下作用は多価不飽和脂肪酸より弱い)
  • 多量の摂取は冠動脈疾患のリスクになることが示唆されており、過剰摂取に注意
  • 酸化に対する安定性があり、体内における過酸化物の発生が抑えられる

出典:オレイン酸 - 日本植物油協会

リノール酸

肌のうるおいに必要なセラミドを作る脂肪酸。肌の老化・乾燥・角質の硬化を防ぐ効果があります。

化粧品の中では、美白関連の製品に使われていることもあります。肌の滑らかにする働きを持っているのも特徴です。乳液のほかヘアコンディショナーなどに使われることもあります。

多価不飽和脂肪酸に属するリノール酸は、飽和脂肪酸や単価不飽和脂肪酸と違って、体内で合成することができず、食品から摂取しなければならないため、必須脂肪酸と呼ばれています。最も含有量の高いサフラワー油をはじめ、ひまわり油などの植物性油脂に多く含まれているリノール酸は血中のコレステロールを減らす働きがあります。

出典: 食用油の上手な使い方|NIPRO-ニプロ株式会社

パルミチン酸

飽和脂肪酸のひとつ。皮脂の分泌をコントロールして過剰に出てしまった皮脂を抑えてくれます。

肌にとってハリや弾力をもたらすのにも役立ってくれる美容成分です。肌に与える刺激がそれほど強くないこともあり、様々な化粧品に使われています。不安定な栄養素でもあるビタミンAを安定化させる効果も特徴的です。

『パルミチン酸レチノール』は、劣化しやすいビタミンA(レチノール)の安定性を高めるためにパルミチン酸を結合した成分。ビタミンA(レチノール)は、コラーゲンなどの生成を促進し、肌にハリや弾力をもたらすと言われています。水には溶けない油溶性成分のため、とろみのある美容液やクリームなどに配合されています。刺激が少なく扱いやすいことから、広く化粧品に使用されています。

出典: 肌にハリと弾力を 美容成分辞典 | 資生堂グループ企業情報サイト

ステアリン酸

動植物性の油に含まれる不飽和脂肪酸です。皮脂を補う働きをもち、乾燥から肌を守る効果があります。あんずエキスのなめらかな使い心地はステアリン酸によるものです。

様々なものに含まれていて、シャンプーや洗顔フォーム、クレンジング剤などにも使われている成分です。これは界面活性剤の一つなので心配してしまう方もいるかもしれませんが、低刺激で毒性はほとんどありません。安心して取り入れられるでしょう。

たん白質汚れの石けん洗浄においては、汚れ基質としてのたん白質の性状や、布への付着状態などにより多少異なるが、一般に原料脂肪酸の融点や石けんの溶解度、加水分解度、表面張力、浸透力などの性質に大きく左右され、一般家庭に多くみられる低温洗浄(室温)では常に高い洗浄効果を期待しえないが、中温洗浄(40℃)では浸透力の大きいミリスチン酸および親水性の高いオレイン酸などを原料とする石けん(NaおよびK塩)が高温洗浄(80℃)ではすぐれた表面活性を有し、加水分解度の高いミリスチン酸、パルミチン酸およびステアリン酸などを原料とする石けん(NaおよびK塩)がそれぞれたん白質汚れに対してすぐれた洗浄効果を有することが認められた。

出典: 石けんによるたん白質汚れの洗浄に関する研究 | 所 康子(金沢大学)皆川 基(大阪市立大学)

ステアリン酸を含む石けんには、たんぱく質を洗浄する働きが期待できると分かりました。イボは皮膚をかいたときにできた小さな傷口からウイルスが入りこんで起こるイボもあるので、洗浄力や保湿を可能とするステアリン酸を含んだ製品を使用すればイボケアに大きく役立つでしょう。

あんずエキス使用時の注意点

副作用などはないため、使用するにあたって特に注意点はありあせん。安心して取り入れることができます。

それから、デメリットとして押さえておきたいのが、一般的に皮膚科などで行われている液体窒素を使った治療に比べると、効果が現れるまでに時間がかかります。
液体窒素を使った治療法では、液体窒素を使って冷却したピンセットでイボをつかみ取り除くため、その場ですぐになくなるのですが、あんずエキスは効果が出てくるまでにかかる期間の個人差が大きいです。

すぐに思うような効果が出ないからといって焦らないようにしてくださいね。
もし、継続して使っているのに思うような効果が得られない…ということであれば、もしかしたら高温処理で作られたエキスなのかもしれません。

高温で成分を抽出してしまうと脂肪酸が失われやすいと言われているので、あんずエキスに期待できる効果が実感できない可能性があります。

あんずエキスであればどれでもイボに働きかけてくれるとは限らないので、丁寧な製法で作られた信頼できる商品を選びたいですね。

あんずエキスを使った杏仁オイル

杏エキスが含まれている商品を利用したいと思ったのであれば「杏仁オイル」を試してみてはどうでしょうか?これは、イボ対策や美肌対策に効果的として注目されているオイルのことです。

イボや美容のためになにか対策をとりたいと思っている方の中には、杏仁オイルを選択する方も増えています。高品質の高級脂肪酸がたっぷり含まれていて美容に役立ってくれるでしょう。

美肌効果があるため、総合的に若々しい肌を手に入れたいと思っている方も是非チェックしてみましょう。杏の種子から取れる杏仁を絞って抽出されたエキスのことで、アンチエイジングにも効果的です。

杏仁オイルとしておすすめしたいアプリアージュオイルS 、アンミオイル、アプリシャル ピュアオイル、アプリコットカーネルオイル、杏仁スムージングエッセンス、薬用杏仁オイルAPRIという6つの商品をこちらで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

商品によって産地や精製方法も異なるので、こういったものにこだわって商品選びをしたいと思っている方に役立つ情報を掲載しています。使い心地や、口コミ、配合成分情報などについてもまとめているほか、それぞれの製品がどこで購入できるのかについても一覧にしたので、こちらも参考になるはずです。

杏仁オイルの
詳細はこちら>>